過ぎ去りし日々Ⅱ

yamori1100.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:絵日記( 118 )


2004年 12月 08日

『酔う』についての私的考察

c0004188_0194010.jpg
酒に酔う。
 良・・ワインの香りに包まれて。
 悪・・熱燗の日本酒の香りに包まれて。

人に酔う。
 良・・可憐な瞳にみつめられて。
 悪・・他人の悪口を聞かされて。

場所に酔う。
 良・・都会の喧噪がバックミュージックに感じられる二人の空間で。
 悪・・『さよなら』の口実を探して歩いた夜更けの歩道で。


c0004188_0231475.jpg
道に酔う
 良・・並んで歩いている二人の体がふと触れ合った瞬間。
 悪・・ホテルを予約して無くてラブホの満室に次を探し歩いた雨の道。

言葉に酔う
 良・・何気ない一言に熱い思いを感じられた瞬間。
      『さあ帰ろうか 送っていくよ』
      『ううん もう少し一緒にいさせて』
 悪・・何気ない一言に真実を知らされた瞬間。
      『さあ帰ろうか 送っていくよ』
      『ううん タク代だけでいいよ』


人々の話し声がバックミュージックのように感じられる空間で
可憐な瞳に見つめられながら
ワインのかほりに包まれているとき。

「さあ帰ろうか 送って行くよ」
「ううん もう少し一緒にいさせて」
そんな二人の体がふと触れあった瞬間。


こんなアホなことを考えては楽しんでいた時が
私にとっては一番幸福で平和な瞬間だったんだろうな。
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-08 00:29 | 絵日記
2004年 12月 07日

常寂光寺

この日(12月3日)早起きした私は阪急電車で嵐山へと向かった。
嵐山には8時前に着き、何時ものように当ても無く歩き出した。
ここに来るのは何年ぶりだろうか。
10年は来ていないのは確かだな。

まだ朝早い所為だろう観光客はおらず 渡月橋の袂では若い人力車夫が屯していた。
天竜寺の前を過ぎ嵯峨・常寂光寺へ行くこととした。
落柿舎で柿を写し 常寂光寺の門前に着くも 開門の9時にはまだ早かった。

常寂光寺は落葉に埋もれていた。
1.
c0004188_0514082.jpg


More
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-07 01:00 | 絵日記
2004年 12月 06日

想い

c0004188_25278.jpg

情念の朱は血の色に似て
ときに鮮やかに ときにどす黒く
すべての風景を一色にし
視界を湾曲さす

c0004188_255810.jpg

千々に乱れた思考は
事象すべてに一定の形を与えず
捕え処なく
ただ翻弄されるのみ
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-06 02:10 | 絵日記
2004年 12月 05日

悲恋の寺

「萌え出づるも 枯るるも同じ 野辺の草
        いずれか秋に あわではつべき」 (祇王)
嵯峨・祇王寺は「平家物語」とゆかりが深く
平清盛に捨てられた祇王が母や妹と出家し 
念仏三昧の日々を送ったとされているお寺である。
1.
c0004188_1313869.jpg


More
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-05 13:23 | 絵日記
2004年 12月 04日

銀杏並木

この日(12月3日)午後4時前に中之島に帰ってきた私は、
御堂筋の銀杏が黄色くなっているのに気づいた。
写真を撮るには雲が多く陽が余り差していなかったが
折角だからと撮影した。
結果は見ての通り黄色が表現できなかった。
1.
c0004188_21124622.jpg


More
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-04 21:28 | 絵日記
2004年 12月 03日

A lonely night

何の因果かカメラをやっていると
このシーズンはイルミネーションを撮りたくなる。
今日は京都の帰りに中之島に寄った。
中之島イルミネーションストリートの『光のルネサンス』へと。
c0004188_2251304.jpg

c0004188_23155956.jpg

雪の結晶を模したイルミネーションが綺麗だ。
クリスマスソングに合わせてイルミネーションが点滅する。
多くの人が写真を撮っている。
私には他の人々が影としか見えない。

雪の冷たさが心に沁みる。


追記:手持ちSS1秒では如何ともしがたし。
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-03 23:33 | 絵日記
2004年 12月 01日

夜の訪れ

16:17:27
c0004188_1883374.jpg

16:52:02
c0004188_18103580.jpg

17:05:12
c0004188_18112614.jpg

夜の訪れは早く 束の間に闇が包む
街の穢れを隠し 優しい灯りが心にも燈る

追記:やはり人が写り込んでいないと 只の其れだけの写真になってしまいますね。
[PR]

by kumasann1100 | 2004-12-01 18:12 | 絵日記
2004年 11月 30日

古い写真

これは私がデジカメを買って 1ヶ月後ぐらいに撮ったものです。
古くなってセピア色になった訳ではないよ。(笑)

さて最近の写真と比べて上達しただろうか。
そんなことはないよね。
いまでもこの写真は好きだな。

今だったら 構図は少し違うかもしれないし
色合いも違っていたかもしれない。
でもそれがどうぉした って感じやね。

写真としての一般的な評価は別として
自分的には この写真を超えられるようにしたいな。
c0004188_18511579.jpg

c0004188_18514590.jpg

[PR]

by kumasann1100 | 2004-11-30 18:51 | 絵日記